登山ではとにかく荷物を減らして軽量化したいと考えています。

しかしどうしてもリックの中で場所をとり、荷物となってしまうのがバックパッキングテントです。

もちろんどのアウトドアブランドも軽量化と持ち運び安さを重視して作られていますが、テントの性能を満たそうと思ったらやはり軽量化にも限度がありますよね。

そのためまだ体力のない状態でリュックにバックパッキングテントを入れて長い時間登山するのは大変ですから、最初は山小屋などを使用して、徐々に慣れて体力が出来てからバックアックテントに泊まるというプランを立てるといいでしょう。

家という考えのテント

アライテントはバックパッキングテントの中でも不動の地位を占めているアウトブランドメーカーです。

ここのテントはテントというよりも住居性に優れた家と呼びたいテントです。

3本のポールの組立が簡単なので設営時間が短縮出来ます。テントは耐風性も高く居心地の良さを重視して作られています。

これだけ高性能で安全性も高いのに、軽量化にも成功し2000gしかありません。