登山の醍醐味と言えばやはりスリーピングバックに入って寝る事だという人も少なくないでしょう。

一日の疲れをとり、翌日も一日登山できる体力を養うためにぐっすり安眠できるものを選びたいですよね。

スリーピングバックの種類

スリーピングバックは大きく分けると2種類のタイプに分ける事ができます。

マミー型とレクタングラー型です。

マミー型は人型になっているので身体にフィットして保温性も高いでしょう。

それに余分な布がないために折りたためばコンパクトんリックの中に収納でき荷物になりません。

レクタングラー型は長方形なのでサイズに余裕があります。そのため1人で入るのではなく子供と一緒に入る事が可能です。

ただその分布に余裕があるためにサイズが大きくなり荷物になってしまいます。

スリーピングは保温性やその他機能を確認して自分のお気に入りのものを見つけましょう。

枕で寝心地が変わるのと同じように、登山ではスリーピングバック1つで寝心地が大きく変わるのです。

ザ・ノースフェイスのスリーピングバック

最近はザ・ノースフェイスのブランドはリックサックなど街中でもよく見かけるぐらいメジャーなアウトドアブランドに成長しました。
しかしザ・ノースフェイスはもともとスリーピングバックで注目を集めたブランドでもあります。

今では他のブランドでも当たり前のように表示されていますが、最初に寝袋の使用最低気温表示をつけはじめたのはザ・ノースフェイスが最初とされています。

ザ・ノースフェイスのスリーピングバックは数種類発売されていますが、その中でも台形状のブルーカズーはかなり人気商品です。
保温性に優れていて、コールドスポットを作らない構造が特徴です。

他にも寝心地重視するのなら封筒型のドロミテだとまるで布団のようにぐっすりと寝る事ができると評判の商品です。